ショッピングカート
fun
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/06/19 (Fri) ついでに横浜ブラブラ

_MG_0340.jpg

猫ブック取りに行ったついでに
ご飯を食べることになって中華街に向かうことに
少し時間が早いので山下公園などをちょっと散歩

スポンサーサイト

散歩 | trackback(0) | comment(0) |


2009/05/11 (Mon) 今日も多摩川

_MG_5809-1.jpg

本日も多摩川の河川敷を5kg程のメラ機材を持って散歩
予想通り大した収穫はなく、暑いし、重いし、肩痛い。。。
そんなに機材持って行かなければ良いのにと我ながら思います(爆)

川崎側の土手の補強工事を行っている様なのですが
それに使われる?テトラポットの風のコンクリートの塊が並べられていました。
一部の土手にコンクリート・タイルが並べられ施工されている箇所があるのですが
一見タイルでも土の中にはこんなものが埋まっているのでしょうね。

散歩 | trackback(0) | comment(0) |


2009/05/02 (Sat) 柿田川

_MG_5574-1.jpg

柿田川のブルーホール

日本三大清流の一つである柿田川に行ってきました。
ここは清流と言っても国道1号線の直ぐ脇で、川と言っても水源です。
湧き水の量は1日70万~100万トンと言われ
富士山の雪解け水が、10年かかりこの水源地帯に湧くらしい。

ここの水は水道水に使われていることから、水源保護で自由水辺を行動することは出来ず
ちょっと離れた場所に設けられた通路や展望台からしか水辺を望めませんので
写真を撮るには向いていませんが、きれいな水の景色を楽しめました。

散歩 | trackback(0) | comment(0) |


2009/04/18 (Sat) 久々の鎌倉

_MG_5613.jpg

鎌倉散歩に行ってきました。
週末の鎌倉はすごい人出で無法地帯orz
人混みを避けるようにちょこっと回るだけとなってしまいました(寂)

鎌倉高校前から江ノ島まで海辺を散歩し
生シラスと釜上げシラスを買って帰宅。

写欲も埋められず消化不良の散歩となってしまいました。
こうなったら来週平日に何処かに出かけるぞと
自分の欲望に都合の良い変なモチベーションが。。。

熱が冷めるかもしれませんので出かけるか否かは不明です。

散歩 | trackback(0) | comment(0) |


2009/01/15 (Thu) 初詣

R0011797.jpg

役所に用事があって近くまで出かけたので
川崎大師に初詣

混んでいたら次の機会にと思っていたのですが
意外と空いていたので厄払いも受けて来ました。

散歩 | trackback(0) | comment(0) |


2008/08/15 (Fri) 花火大会

IMG_4572.jpg

終戦記念日に平和の祭典として開催される大田区の花火大会
近所の花火大会にも拘らず今年初めて見に行きました。

会場は大勢の人で混雑していましたが
夜店がないのでお祭り感は薄くちょっと寂しい感じは否めないのですが
純粋に花火を楽しむ催しとしては、二子多摩川の花火大会よりは
スペース的にもゆとりが有り見易いと思います。

IMG_4688.jpg

散歩 | trackback(0) | comment(4) |


2008/07/21 (Mon) 近所を散歩

IMG_4545.jpg

羽田の大鳥居の近くJALの関連会社の寮の様ですが
建物の広場の中央に置かれた以前から気になっていた奇妙なもの

散歩 | trackback(0) | comment(4) |


| TOP | next >>

プロフィール

ken

Author:ken
写真、散歩、クロスバイクでポタリング、雑貨好きの趣味を楽しむブログでした。。。
昨年9月に自転車で事故を起こし、現在は自分への戒めから2009年の1年間は屋内自転車生活を送る予定したが




本ブログの今後の更新予定はありません
辛い時も苦しい時も心の支えであった最愛の猫「クリス」を喪い、更新することが出来なくなりました。




クリスに関しては新たな記事や画像を今後もアップするかもしれませんが、思い出を振返るためのものであり、お付き合いのあった皆様からコメントを欲するものでは有りませんので、お気遣い無い様にお願いします。

勿論、クリスへのコメントは歓迎です
気が向いたらお気軽にどなた様でも手向けのお言葉や思い出話を頂戴できれば彼も喜ぶと思います。
また、葬儀は人間のそれとは違い私たち二人だけが参加するもので、周囲に気を使うことも無く、彼と在りのままに向き合え見送ることが出来、私たちには充実したものでした。
しかし、残された二人は気も紛らわすことも出来ず寂しいのは否めませんので、クリスへのコメントは私たちもうれしいです。

クリスについてはあまり多くをブログに記載していませんが、実生活で彼の品が整理されていく中、彼の匂いや思い出を安易に削除することは出来ませんので、本ブログでは時間を止めたい思いを込めこのまま保存させていただきます。


自転車のルートマップなどご活用いただけるのコンテンツがありましたら、これまでと変わりなく遠慮なくご活用いただければと思います。
但しコメントにつきましてはクリスに関係するもの以外は削除させていただきますので予めご了承ください。

短い間でしたがお付き合いいただきありがとうございました。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

www.flickr.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。